気分がハイテンションになったり、落ち込んでしまったりずいぶん気持ちの落差が激しい。そうお悩みになる男性や女性は少なくありません。

こうした症状は「双極性障害」と呼ばれる心の病の一つと言われています。もしかしたら双極性障害になっているのかも知れませんね。

■双極性障害とはいったい何なのか
そもそも双極性障害とはいったいなんでしょうか。昔からよく使われる表現として「躁うつ病」という言葉があります。双極性障害は躁うつ病の一つであり、気分の楽さの激しさなどから「Ⅰ型」と「Ⅱ型」にわけられています。

どちらも治療はおおむね同じような方法で行うのです。

■気分を落ち着けるお薬や安定させるお薬
双極性障害の治療で使われる抗精神病剤は、気分を落ち着けるお薬や安定させるお薬です。ハイテンションになりすぎてしまっては困りますし、落ち込みすぎてしまっても困る。

そんななか、お薬を適切に活用することで気分の高揚感や抑鬱感をある程度平準化するのです。

■正しい使い方を心がけていくことが大切だ
ただ双極性障害の治療で重要になることは、お薬を正しく使うことです。特にハイテンションの時には「私はもう治ったのだ」と勝手に考えて、使用をやめてしまう方がいらっしゃいます。

これではせっかく治そうとしているにもかかわらず、永遠に治らないという事態に陥りかねません。飲むべき時が決まっていて、用いるべき量も決まっているのですから必ず守りましょう。

■気分の振れ幅を少なくすることでストレスを軽減しよう
気分の振れ幅が大きいことはストレスにつながります。双極性障害の治療で、ストレスの軽減も図っていきましょう。抗精神病剤を上手に使えば、双極性障害は治癒を目指せますよ。